男性

変形性膝関節症の痛みをコントロールしよう

ローヤルゼリーの効果

膝

変形性膝関節症を高齢者が患うと、痛みのために行動制限を伴うことも珍しくありません。しかし現在の高齢者は、昔の高齢者と違って、活動的に生活するようになっています。その点で変形性膝関節症を患う高齢者は、いかに痛みをコントロールするかが大きな課題です。変形性膝関節症の疼痛のコントロール法には、いくつかの方法が実践されています。そのうち基本となるのが、筋力増強訓練です。そこで注目されているのが、ローヤルゼリーの摂取です。ローヤルゼリーには、筋肉を増強する効果や、維持する効果があると、科学的にも証明されています。したがって変形性膝関節症を患う高齢者は、ローヤルゼリーの摂取が痛みのコントロールに役立ちます。

このようにローヤルゼリーが役立つのは、筋肉を構成するアミノ酸が、たくさん含まれているためです。しかも必須アミノ酸については、8種類も含まれています。必須アミノ酸とは、普通のアミノ酸とは異なって、体内で合成できないものです。そのため必須アミノ酸は、食品から摂取しなければならない成分です。なかでもバリンとイソロイシンとロイシンは、BCAAと呼ばれています。BCAAは肝臓の影響を受けることなく、そのまま筋肉に吸収されるアミノ酸です。そのぶん筋肉増強効果が高まりますから、BCAAはアスリートにおいても重視されています。こうしたことからローヤルゼリーは、変形性膝関節症を患う高齢者に、人気が高くなっています。

次世代の栄養食材

ドラッグ

食生活の偏りを改善させる栄養食材として、ユーグレナが注目されています。50以上の栄養素が含まれているため、健康維持への効果が期待されています。またユーグレナには細胞壁がないという性質があるため、消化吸収が優れている利点があります。

腸内環境の悪化を改善

栄養剤

便秘が引き起こされる状態は、ほとんどが悪玉菌増加による腸内環境の悪化が原因です。これを改善していくには、乳酸菌を摂取して善玉菌を増やしていくようにすれば、腸内環境も整ってくるようになります。乳酸菌を普段の食事で摂取するのが難しければ、サプリメントで補うようにすると効き目を出してくれます。

ガンの代替療法として期待

ストレッチする男性

従来の癌治療である抗癌剤治療や放射線治療は副作用の心配もありますが、シイタケ菌糸体は副作用の心配が無いので癌予防を考えている人でも安心して摂取出来ます。シイタケ菌糸体の有効成分であるβグルカンは自然路地栽培である方がより効果が高いとされているので、購入する際には原材料を確かめることが大切です。